姫路YMCA 姫路YMCAとは 太子キャンプ場 キャンプ・野外活動のご案内 太子キャンプ場へのアクセス ボランティアリーダー募集

姫路YMCAとは

YMCAは
1844年にイギリスのロンドンで誕生しました。ジョージ・ウイリアムズ (YMCA創立者)を中心とする12名の青年が、産業革命の進む中、非人間的な状況に多くの青年が追い込まれていくのに対し、これを自分たちの手で改善す ることを願い、青年を啓発する活動を始めたのが発端でした。
この青年たちのボランタリーな活動は多くの理解者・賛同者を得て、世界最大の青年運動へと発展 しています。
そして、子どもたちの精神(Spirit)・知性(Mind)・身体(Body)の全人的な成長を願い、様々な分野で活動しています。

姫路YMCAは
1949(昭和24)年に設立され、65年にわたって自らの使命に基づき「青少年の健全育成」「豊かな地域社会の形成」「公正で平和な世界の実現」のため、活動を続けています。
この度、姫路YMCAは、財団法人からNPO法人へ組織変更となり、太子キャンプ場に事務所を移転し、野外活動を中心として、青少年の育成と地域社会の活動をすることになりました。
NPO法人姫路YMCAは「自分のいのちとみんなのいのちを大切にすること」「家族、地域のひとりとして責任があること」「ボランティア精神とリーダーシップを身につけること」「すこやかな心とからだを育むこと」を目標とします。
特に青少年が自然の中で自らの生活を創造する野外活動を通して、心身の発達を促し、社会性を養い、創意と工夫することを学び、青少年の成長に寄与する事業を行います。

姫路YMCA太子教育キャンプ場は
日本のYMCAの野外活動は、社会の中で野外活動の先駆的な役割を担っています。
1920年に六甲山の南郷山麓で始まり、2015年で95年目を迎えました。その間、多くの青少年が野外活動を体験して育っていきました。
太子教育キャンプ場は1973年(昭和48年)に太子町原森林組合の協力のもと設立された姫路YMCA固有の野外活動施設です。
姫路市市街から約20分という距離にありながら、都会の喧騒の全く届かないロケーションとなっています。
地域の子ども会を中心に、年間2000名を超える青少年がデイキャンプに参加しています。

YMCAキャンプの目的

 
1、自然生活を楽しみ、自然に適応する能力を身につける
2、良い生活習慣を育て実践する。
3、健康のための知識を得て、自分の身体を守る方法を知る。
4、生活を豊かにする技術を学び、創造力を育む。
5、良き友人を作る方法を学び、互いの存在と生命を尊重する心を育む。
6、民主的なグループ経験から、社会に関わる責任感を育む。
7、神の恵みを知り、感謝の気持ちを養う。

YMCAではコーチや先生と呼ばず、リーダーと呼びます。
リーダーは教え導いたり、管理したりする存在ではなく、子どもとともにチャレンジし、学び合う存在です。
したがってプログラム中のどんなときにも子どもたちと一緒です。
まだまだ成長途中の未完成な大学生たちですが、子どもたちは一見完成された「大人」のリーダーシップより発展途上のボランティアリーダーシップに心を開いてゆく、そのことがYMCAでしかありえない大きな魅力です。

  リンク   プライバシーポロシー  
お気軽にお問合せください!

〒671-1502 揖保郡太子町原白毛山921
Tel 079-277-1872  Fax 079-287-9216

Copyrightc Since 2012 姫路YMCA All rights reserved